HOME>オススメ情報>住宅ローンの返済が難しいと感じたら!任意売却を考えよう

住宅を任意で売却するには

住宅ローンの返済が困難となった場合、任意売却することで問題が解決することがあります。ただし任意売却をするためには、専門的な知識を必要とするため専門機関に相談することが必要です。

任売却の相談の方法

どこで相談できるかをチェックする

不動産取引に関する専門知識が必要であるため、まずどこで相談すれば良いか調べます。

専門機関にはどのようなところがあるか確認する

任意売却について相談できる専門機関には、不動産業者・弁護士・司法書士・銀行などがあります。

それぞれの専門機関の特徴を知る

不動産養社や弁護士など、それぞれの立場によって得意分野が異なります。そのため、それぞれの特徴をチェックしましょう。

電話やメールなどを使って相談する

相談できそうな専門機関が見つかったら、まず電話やメールなどで相談を持ち掛けましょう。

とにかく早く相談することが大切です

相談が遅れるほど、任意売却の成功率は下がります。そのため、住宅ローンの返済が厳しいと感じたら、早めに相談することをおすすめします。

この売却の特徴は何かを知ろう

男女

収益物件に使用するべく不動産を購入したものの、思うように収益を上げることが出来ずやむなく売却せざるを得なくなった等という人も少なくないようです。そのような状況に陥ってしまった際に、住宅ローンがまだ残っているという時には任意売却という方法を考える必要があります。任意売却とは、住宅ローン等を返済する事が難しくなってしまったという時に使える方法で、売却した後もローンが残ってしまうという不動産を、ローンを組んだ金融機関に相談し、合意を得て売却するという方法になります。

こうした悩みはどこに持ち込むべきか

男性

任意売却を考えた時に重要になるのが、この問題をどこに相談に行くべきかという点があります。この任意売却に関しては、借金の問題と不動産の問題が複雑に絡み合うという、通常の不動産売却よりも難しい問題となります。任意売却も一つの選択肢だという考えを持っている時には、まず借金問題に詳しい弁護士事務所等に相談するようにしましょう。自分のケースが本当に任意売却を行わないと解決出来ない事項なのか、それ以外にも解決方法があるのか、といった事を知りたい場合には弁護士等の借金問題のプロフェッショナルにアドバイスを求めましょう。もう任意売却を確実に行うといった段階になれば、その業務を取り扱っている不動産会社に相談に行きましょう。その際には、そこが宅地建物取引業の免許があるかどうか、売却を考えている物件のエリアでの実績があるかなどという点を確認する必要があります。