HOME>トピックス>良質な会社を選ぶためのポイントや注意すべき点

良い不動産屋を見極めるポイントは

家の模型と電卓

不動産会社を選ぶ際には、まずは「社員の身だしなみや接客態度」をチェックしましょう。あまりにラフすぎる態度や、強引に契約を推し進めるようなところはまずやめたほうが賢明です。実際に物件を紹介する際は、顧客の立場になって親身に対応してくれる会社、そして、良い点だけではなく悪い点もしっかり伝えてくれるところが良いでしょう。インターネットなどで評判や口コミなども事前に調べてみることをおすすめします。

大手か地元密着型か

男女

大手不動産会社の場合、取り扱い物件数が圧倒的に多いことがメリットです。次々と新しい空き室物件も入りやすい為、早めに希望の物件が見つけやすくなります。一方の地元密着会社の場合は、貸主と長い付き合いがあるケースが多く、家賃下げ交渉などの融通が効きやすいという利点があります。また物件の評判などの詳細な情報が入りやすくなります。

仲介手数料が無料の物件ってどうなの

男女

不動産会社の収益の一つでもある「仲介手数料」、たまにこの手数料が無料の物件がありますが、なぜ無料に出来るのでしょうか。実はその理由の多くは、貸主が負担する広告料で補填できていることにあります。広告はあまり人気のない物件などに付けられる事が多く、その費用で仲介手数料サービス分がカバー出来るのです。従って安易に「手数料無料物件」に飛びつかず、しっかり評判を見極めることが必要です。

おとり物件には注意

一軒家

賃貸情報サイトを見ると、とても評判の良い物件がトップ頁に出ていることがあります。部屋を探している人はすぐに飛びついて取扱っている不動産会社にコンタクトをとりますが、いざ出向いてみると「既に入居者が決まりました」というケースがあります。これがいわゆる「おとり物件」で、実際には貸し出せる物件でないものをキャッチとして利用しています。従ってあまりにも条件が良すぎる物件には気を付けた方が良いでしょう。